京都芝重賞

京都芝コースの特徴

内回りと外回りがあり、重賞で行われる距離別の設定は以下の通り。内回りが1200m・2000m、外回りが1400m・1600m・1800m・2200m・2400m・3000m・3200mで施行される。内回りはコーナーがタイトで器用さが求められる。特に2000mではコーナーを4回まわることとなり、ローカル小回りに似たところがある。勝負所でキュキュッと動ける機動性の長けた馬に有利。対して、外回りコースは、いわゆる京都名物の3コーナーの小山から坂を駆け下りてきて、そこから最後の直線まではほぼ平坦なので、いかに長い脚を使えるかが勝負の分かれ目だ。血統的には、内回りは非サンデー系でもじゅうぶん出番があるが、外回りはサンデー系で圧倒的。

京都金杯

シンザン記念

日経新春杯

シルクロードS

きさらぎ賞

京都記念

京都牝馬S

マイラーズC

天皇賞・春

京都新聞杯

葵S

京都大賞典

秋華賞

菊花賞

スワンS

ファンタジーS

デイリー杯2歳S

エリザベス女王杯

マイルチャンピオンシップ

京都2歳S

京阪杯