2021阪急杯〜最終血断〜

    馬名 母父
2016年 1着 ミッキーアイル ディープインパクト ロックオブジブラルタル
ディープ系 NDダンチヒ系
2着 オメガヴェンデッタ ゼンノロブロイ ホワイトマズル
中距離サンデー系 NDリファール系
3着 プラヴィッシモ ファストネットロック サドラーズウェルズ
NDダンチヒ系 NDサドラー系
2017年 1着 トーキングドラム キングカメハメハ サンデーサイレンス
MPキングマンボ系 サンデー系
2着 ヒルノデイバロー マンハッタンカフェ ゴーフォージン
中距離サンデー系 リボー系
3着 ナガラオリオン アドマイヤマックス トワイニング
短距離サンデー系 MPフォーティナイナー系
2018年 1着 ダイアナヘイロー キングヘイロー グラスワンダー
NDリファール系 ロベルト系
2着 モズアスコット フランケル ヘネシー
NDサドラー系 NDストームキャット系
3着 レッドファルクス スウェプトオーヴァーボード サンデーサイレンス
MPフォーティナイナー系 サンデー系
2019年 1着 スマートオーディン ダノンシャンティ アルザオ
短距離サンデー系 NDリファール系
2着 レッツゴードンキ キングカメハメハ マーベラスサンデー
MPキングマンボ系 サンデー系
3着 ロジクライ ハーツクライ マキャヴェリアン
長距離サンデー系 ミスプロ系
2020年 1着 ベストアクター ディープインパクト クロフネ
ディープ系 ND Vリージェント系
2着 フィアーノロマーノ ファストネットロック ライオンハート
NDダンチヒ系 NDストームキャット系
3着 ダイアトニック ロードカナロア サンデーサイレンス
MPキングマンボ系 サンデー系

(ND…ノーザンダンサー系、MP…ミスプロ系、N…ナスルーラ系

血統アナライズからは、ノーザンダンサー系全般、特にダンチヒ系。ND×NDも走る。本命は、ジャンダルム。父がノーザンダンサー系。父はサドラー系キトゥンズジョイ。母父ではないが、母母父にノーザンダンサー系ダンチヒを持ち、NDのクロスが発生。阪急杯向けの血統配合と見る。

◎ジャンダルム

馬券は単複のみ。

【結果】

「ノーザンダンサー系、特にダンチヒ」と書いたら、なんとダンチヒ持ちのワンツースリーで決まってしまった。17頭のうち該当馬は4頭。1番人気のレシステンシアは、まあ置いといて、10番人気ミッキーブリランテ2着には驚いた。

2021中山記念〜最終血断〜

    馬名 母父
2016年 1着 ドゥラメンテ キングカメハメハ サンデーサイレンス
MPキングマンボ系 サンデー系
2着 アンビシャス ディープインパクト エルコンドルパサー
ディープ系 MPキングマンボ系
3着 リアルスティール ディープインパクト ストームキャット
ディープ系 NDストームキャット系
2017年 1着 ネオリアリズム ネオユニヴァース メドーレイク
中距離サンデー系 セントサイモン系
2着 サクラアンプルール キングカメハメハ サンデーサイレンス
MPキングマンボ系 サンデー系
3着 ロゴタイプ ローエングリン サンデーサイレンス
NDサドラー系 サンデー系
2018年 1着 ウインブライト ステイゴールド アドマイヤコジーン
中距離サンデー系 Nグレイソヴリン系
2着 アエロリット クロフネ ネオユニヴァース
ND Vリージェント系 中距離サンデー系
3着 マルターズアポジー ゴスホークケン オールドトリエステ
NDストームキャット系 Nボールドルーラー系
2019年 1着 ウインブライト ステイゴールド ストームキャット
中距離サンデー系 NDストームキャット系
2着 ラッキーライラック オルフェーヴル フラワーアレイ
中距離サンデー系 MPフォーティナイナー系
3着 ステルヴィオ ロードカナロア ファルブラヴ
MPキングマンボ系 ノーザンダンサー系
2020年 1着 ダノンキングリー ディープインパクト ストームキャット
ディープ系 NDストームキャット系
2着 ラッキーライラック オルフェーヴル フラワーアレイ
中距離サンデー系 MPフォーティナイナー系
3着 ソウルスターリング フランケル モンズン
NDサドラー系 ドイツ血統系

(ND…ノーザンダンサー系、MP…ミスプロ系、N…ナスルーラ系)

血統アナライズからは、ノーザンダンサー系の健闘が目立つ。そしてキングマンボ系。サンデー系からは、中距離指向のステイゴールド系かネオユニヴァース。本命は、ローエングリン産駒のトーセンスーリヤ。父がサドラーズウェルズの流れを汲むノーザンダンサー系ローエングリン産駒。父も中山記念2勝している。母父はネヴァーベンド系で持続力を強化。キレキレの脚はないが、最内枠からスタートし好位置からの抜け出しを図れば、後続の馬は差しきれないのではと見る。前を行く馬のバビットを差し切れるかどうかだが、秋初開催の中山では前々の馬を狙い、年明け以降はやや後ろの馬を狙うのがセオリー。札幌記念からの6カ月振りではあるが、得意の中山1800mなら問題はない。

◎トーセンスーリヤ

馬券は単複のみ。

【結果】

中山金杯組、強し。また、ロードカナロアの母父も含めて、NDストームキャット系保持の馬が好成績を収めていることを追記しておこうを

2021ダイヤモンドS〜最終血断〜

ダイヤモンドS

ステイヤーSに次ぐ長距離重賞。東京3400で行われ、大箱の府中コースを1周半する。スタミナ要求値が高く求められる。本命は、9歳馬パフォーマプロミス。父ステイゴールド×母父ロベルト系タニノギムレット。昨年は8歳で天皇賞・春を3着。高齢馬だからと言って軽視は禁物だ。

◎パフォーマプロミス

馬券は単複のみ。

本日の予想はお休み

本日開催のシルクロードSは、例年とは異なり中京コースで施行されます。レース傾向も変わってくると思いますので、今日の予想はお休みします。フェブラリーSの前哨戦の根岸Sもダート重賞なので予想はしません。今年からダートG1の予想も止めて、芝重賞に絞っていこうと思います。

なお、JRA各重賞の血統傾向をまとめ、「重賞血統アナライズ」と題してアップしました。レース開催週の半ば頃を目安に、順次公開していこうと思います。

種牡馬研究をアップ

固定ページに「種牡馬研究」という内容をアップしました。競馬の血統を大きく分類し、各競走馬の特徴を掴むためのファーストステップとします。ここでは種牡馬を大きく分けて6つに分類し、各系統別に考察をしました。